株式会社アーテファクトリー
が運営する教育系ストックフォト「教育写真OPO」の公式ブログです。
教科書や教材の会社の皆様向けに、新しい写真のご案内、
実験写真の撮影レポートなどを中心に、週1ペースで更新の予定です。2016/9/12~  
www.oadis.jp/opo

2017年2月7日火曜日

新コンテンツ入荷!【古橋懐古館所蔵】名筆・名画約1000点!

奥州三河・古橋家に眠っていた歴史的名画・貴重文書
約1000点を弊社サイトにて初公開!




古橋懐古館とは

   愛知県豊田市稲武町に所在する歴史民俗資料館。
 18世紀半ばより、この地の豪農「古橋家」が何代にも亘って収集した
 歴史的にも文化財としても貴重な名筆、名画、骨董を数多く収蔵する。

 特に維新の心を現代に伝える幕末維新期の資料が充実しており、
 館の特長の一つといえる。


◆所蔵作品紹介① ≪歴史的人物たちの書≫


坂本龍馬、西郷隆盛、勝海舟、吉田松陰、久坂玄瑞など、

幕末に活躍した志士たち直筆の短歌や書簡。(※一部未データ化)



勝海舟の短歌。
富士を見て恥ずる処あり 弥高く…」

久坂玄瑞の歌。
「のきばのつきの露とすむ
寒き夕は手枕に」
45100012
吉田松陰による書簡。
「件々落手仕り候 冷泉然る可く…」
45100048



◆所蔵作品紹介② ≪名画≫


伊藤若冲尾形光琳酒井抱一はじめ、
円山応挙、谷文晁、狩野派など、
歴史に残る絵師たちの一般未公開作品(※一部未データ化)

伊藤若冲「柳鳥図」
45100300



尾形光琳「草木花図」(左隻)
45100316

円山応挙「竹図 放檀芝瑞」45100526

谷 文晁「富嶽図」45100456




【古橋懐古館】所蔵の画像を全部見るにはこちら




【豪農「古橋家」の歴史】



 古橋家は今から約300年前、初代が中津川よりこの地に移住し、代々酒造を業としてきたが、6代暉皃は国学に傾倒し、これを機に国学者・儒学者・勤王家などの書画の収集を始めるそののちも、7代、8代と一貫した思想で意図的に収集を継続し、8代目死去の際の遺言により、秘蔵品の寄付で財団法人古橋会が創設された。

 その後、8代目実弟川村貞四郎が初代理事長となり、公民館・保育園・病院、各種公益事業を推進。昭和33年7代の50年祭を記念して展示館を建設し、コレクションの一部の展示を開始する。

・…現在の活動…・

 もともと天皇家と深い関係にある古橋家は、明治15年よりこのかた134年来継続している伊勢神宮への献糸として200匁目(およそ750g!)の生糸を奉納している。特に古橋懐古館では、養蚕技術の伝承するまゆっこクラブの育成に力を入れている。





*○○画像使用について○○*


 商用利用、学術利用を問わず、画像のご使用の際には古橋懐古館への申請が必要とな
りますので、以下までお問い合わせをお願い致します。

≪OADIS カスタマーサポート≫

  電話: 0120-484-239 
 メール: support@oadis.jp

(携帯電話の方は 03-6453-7500 にお願いします。


受付時間は、弊社指定定休日を除く午前10時から午後6時までとなります。